So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2017年02月 |2017年03月 ブログトップ

ブラック 借入 即日 

ブラックでも即日借入は可能ですが、申込む店舗は選んだ方が良いかもしれません

というのもブラック対応の店舗は中堅から小規模の会社まで様々で、知名度によって利用者の数が決まり、売上が決まり規模も決まっているというのが実情です

利用者が多ければそれだけ他の方と競合してしまうので、審査という名の選別が発生する可能性もかなり高くなってしまう訳です


ここで自分がブラックといっても多重申込によって大手で借りれてないくらいのレベルなら良いんですが、前者と比べると自己破産歴がある方は確実に分が悪くなってしまいます

同時に申込んで残りの融資枠が1しかなかったら、かなりの確率で前者が審査可決となってしまうはずですから、自分の事故歴が厳しいなら競争を避けないといけません


また非ブラックの方も申込んでくるような知名度の中堅金融はブラックの方と比較されると収入面で非常に優位でない限り非ブラックの方に融資がいくというのも道理です

結局のところブラックの程度にもよりますが即日借入が絶対条件なら申込む会社の規模感を小さくした方が無難ということになります


大手であれば運営方針は短くても数ヶ月単位の変動だと思いますが中小は規模が小さいだけに小回りが効くので方針転換も非常に早いです

今日大丈夫だった方が明日落ちるということもあるので、基本的に早め早めの行動が良いかと思います

ブラックリスト 借入 

世間でブラックリストだとかブラックと呼ばれる方でも借入可能な消費者金融は多数存在しますが、そもそも何故ブラックリストなのに大丈夫なのかといえば、そんなリストは存在しないからです

あくまでブラックリスト・ブラックというのは利用者である我々が通称として使っているだけで、実際のところは大手消費者金融において「絶対に借りれない属性」の方がこれに該当します

属性ってなんだ?という話になってきますが平たくいえば過去に返済が滞ったり債務整理などで残債の整理を行なうと、いわゆるブラックの状態になってきます

その他のケースでは半年以内に一定数以上の消費者金融に申込みをするとブラックになると言われています

一定数というのは3~5程度らしいのですが、大手金融でも各社基準が違うようなので少々アバウトな感じは否めません


何れにせよ大手だと絶対に借りれないからブラックリストと呼ばれているだけで、どんな業界も大手企業だけしか存在していない訳ではありません

つまり中小金融であれば大手的にブラック扱いでも借りることができますし、その会社数は中小の方が圧倒的に多いというのも業界の構図的に明らかでしょう(だからこその大手企業という括りになる訳ですが)


ただ消費者金融業界において大手と中小の知名度は天と地ほどの差があり、世間に知ってもらう為の広告はほぼほぼ大手金融の宣伝だったりするはずです

ここで普通の方は知ってるところしか存在していないと思いこんでしまうのでブラック=どこでも借りれないという解釈になってしまうのです

実際は中小金融も存在していてそこなら大手よりも甘い基準で審査をしてくれますが、上記の思い込みがあるせいで違法業者と勘違いされている節も多々あります

またネット上の情報には宣伝して広告費を受け取るシステムもあり、大手金融の宣伝ばかりやった方がお金になるので中小金融はなかったことにする→大手以外は違法ですと書いてしまう方もいる始末です


このような色々な思惑が絡んでいるので、間違った情報に踊らされないようにすることもブラックの方が借入れをする秘訣かもしれません

ブラック 借入 口コミ 

ブラックでも借入れできると口コミを見たものの実際には借りれなかった・・・というケースでは何点かの理由が存在しています


ひとつめは情報が古すぎて使い物にならなかったという点です

これはブラックだと借りれない大手金融ではまずあり得ない話なんですが、ブラックでも借りれるような中小金融だと審査基準が会社の運営状況に応じてコンスタントに変わったりします

ザックリいえば利用者が少なくなれば増やす必要があるので審査基準も比較的甘めになり、利用者が多い状況なら最低限の新規顧客がいれ良いので審査は厳しくなります

つまり口コミを投稿された方と同じような事故歴の内容でもタイミングによっては審査に落ちるということが充分にあり得るんです

逆に言えば厳しいと評判のブラック対応金融でも借入れできるチャンスはあるということですが、基本的に口コミで厳しいコメントが多いところは常時厳しいというスタンスなので、事故歴の内容次第としかいえません


理由のもう1点としては、そもそも口コミを投稿した方とはブラックの内容が全く違っていたという点です

例えば多重申込によりブラック扱いになってしまった方と、自己破産して借金をなかったことにしてしまった方がいたとします

前者は単に申込を沢山しただけですが、後者は消費者金融からすれば貸し倒れを起こしたことのある人という認識になりますね

どちらもブラックなので大手金融では借りれることができませんが、ブラック対応と掲げているところへ同時に申込んで残り1人しか融資できないという状況であれば、どちらが借りれるでしょうか?

当然ながら前者の方に融資がいくという流れになるはずですし、こればかりはどうしようもありません、消費者金融はボランティアでも福祉でもありませんから


結局のところブラックといっても内容が多岐に渡るので一概にブラックOKならどんな事故歴でも大丈夫という考えはちょっと甘かったりします

ですが、実際の体験談として自己破産を2回しているような方でも借入れできているという事例が存在しているので、本当にお金が必要な状況なら諦めることはないと思います

ブラック 借入 可能 

ブラックが借入可能なキャッシング会社というのは案外多いもので、結論から言えば広告でよく見る大手金融を除けば大体ブラックでもOKです

なんでそんな安直になるかといえば、そもそもブラックというのは俗称にすぎず、大手では絶対に借りれない信用情報になっている状態がブラックと呼ばれているだけです

多くの方は消費者金融=大手しか存在しないというイメージを持っているのでブラック=絶対に借りれないという誤解をしているという側面もあります


ではその信用情報の状態がどうなるとブラックになってしまうかというと

・一定期間内で一定数の業者に融資を申込んだ
・2~3ヶ月連続して返済が滞ってしまった
自己破産債務整理など借金を幾ばくかでもチャラにした

上記のようなことをすると大手金融では審査を受けるどころか門前払いになってしまうので絶対借りれません

借りれたという口コミもたまにありますが一定期間経つとこの履歴は消えるので、そのような方が該当しているに過ぎません

一定期間だとか一定数とか2~3ヶ月だとかアバウトなのは、この基準があくまで利用者たちでまとめた統計に基づく目安であって、公表されてる正確な基準ではないからです

ですので1回滞納しただけでもしかしたらブラックになっているかもしれませんが、目安ですし借りれないなら借りれないで粘っても仕方ありません


で、ブラックでも大手以外なら借りれる理由としてはその門前払いをする基準が大手から外れると一気に緩くならからです

あくまで緩くなるだけで無審査という訳ではなく、どんな信用情報か、収入状況かを判断して各々の業者が貸せると判断したら融資可決となる流れです

つまりは判断基準が厳しいところだと一握りのブラックは借りれても多くは借りれないという状況が発生しますので、数を申込むことが大切だと思います

おいおいそれじゃあ一定期間内で一定数の業者に・・・に引っかかるじゃないかとなりますが、もう貴方は既にそれよりも重いブラックだから複数申込むハメになっているんです

総量規制など法律的なところがクリアできているのであれば、ブラックでも借りれるところは探せばありますので重いブラックの方は根気が大切になってきます


- |2017年02月 |2017年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。