So-net無料ブログ作成

ブラックリスト 借入 

世間でブラックリストだとかブラックと呼ばれる方でも借入可能な消費者金融は多数存在しますが、そもそも何故ブラックリストなのに大丈夫なのかといえば、そんなリストは存在しないからです

あくまでブラックリスト・ブラックというのは利用者である我々が通称として使っているだけで、実際のところは大手消費者金融において「絶対に借りれない属性」の方がこれに該当します

属性ってなんだ?という話になってきますが平たくいえば過去に返済が滞ったり債務整理などで残債の整理を行なうと、いわゆるブラックの状態になってきます

その他のケースでは半年以内に一定数以上の消費者金融に申込みをするとブラックになると言われています

一定数というのは3~5程度らしいのですが、大手金融でも各社基準が違うようなので少々アバウトな感じは否めません


何れにせよ大手だと絶対に借りれないからブラックリストと呼ばれているだけで、どんな業界も大手企業だけしか存在していない訳ではありません

つまり中小金融であれば大手的にブラック扱いでも借りることができますし、その会社数は中小の方が圧倒的に多いというのも業界の構図的に明らかでしょう(だからこその大手企業という括りになる訳ですが)


ただ消費者金融業界において大手と中小の知名度は天と地ほどの差があり、世間に知ってもらう為の広告はほぼほぼ大手金融の宣伝だったりするはずです

ここで普通の方は知ってるところしか存在していないと思いこんでしまうのでブラック=どこでも借りれないという解釈になってしまうのです

実際は中小金融も存在していてそこなら大手よりも甘い基準で審査をしてくれますが、上記の思い込みがあるせいで違法業者と勘違いされている節も多々あります

またネット上の情報には宣伝して広告費を受け取るシステムもあり、大手金融の宣伝ばかりやった方がお金になるので中小金融はなかったことにする→大手以外は違法ですと書いてしまう方もいる始末です


このような色々な思惑が絡んでいるので、間違った情報に踊らされないようにすることもブラックの方が借入れをする秘訣かもしれません

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。